いつか来る日

John Groganの "Marley & Me"http://www.marleyandme.com/を読んだ。

涙もろい私は、予想通り大泣き。夜中にひとりでなきながら読み終えた。

犬を飼う以上、いつかは「その日」が来る。実家で小さいころからいつも犬を飼っていたので、すでに何回も経験している。家族の犬でなく、初めての自分の犬のその日が来たときは、つらかった。チャコの場合、15歳で、目が見えなくて、ちょっとぼけてて、徘徊してて、最後は見ていて辛かった。だから「その日」が来たとき、ちょっとほっとしたことも事実だ。でも、そのほっとしたことに、とても後悔した。そんな気持ちがあったから、その日が来ちゃったのかと。

そして、日本のWald。一度は黄疸がでて、お医者にも最期だといわれたけど、持ち直して、今は元気なWald。その代わり毎日2回のインシュリン注射と、厳しい食事制限。それでも元気なWald。今は日本の両親においてきてしまい、私のことなど忘れてしまったかと思うけど、時々、私の寝室で寝ているらしい。Waldのその日が来るとき、私は声をかけて、頭をなでて、背中をさすってあげることができるのだろうか。

そしてごまこ。ごまこの「その日」を想像しただけで、涙が出て来る。

エボニー。いまだに家を破壊し続けている大きすぎる奴。相方は、大きな犬が欲しくて、相方のために、そしてごまこのために、Cica-Micaが生まれるというのに、無謀にも飼う事を決めた。相方は「いつか、この犬を飼ってよかったと思える日がくるのかな」とつぶやく。でも、やっぱりそんなエボニーも家族の一員。「その日」が来るのが怖い。

Cica-Micaは、これからいつか、ごまこ、エボニーのその日を迎える。そこから大事なことを学んで欲しい。それでも、もう犬は飼いたくないと思わないで欲しい。その日を乗り越えて、また新しい関係を築いて欲しい。そうすれば、私たちのその日を迎えても生きていけるだろう。

| | コメント (0)

菜園荒らし

今朝も良いお天気。ちょっと風が冷たいけど、日向では暑いくらい。気温はおそらく23度ぐらいまであがったのかも。

昨晩は我が家の白菜を使ってのぎょうざ。相方は平日はにんにくを食べないようにしているので、にんにくを使う料理は、金曜と土曜のみ。。。プランターでの白菜だけど、餃子に使う分ぐらいは充分。ちょっと青臭いぎょうざになってしまうけど。

そして、今朝。相方が庭の枝を切るのを手伝うついでに、菜園に水撒き。庭にコンポストのような黒い土の塊、と根っこの塊が落ちていておかしいなと思いつつ。。。白菜のプランター、白菜はあとかたもなく、きれいに耕された状態。まわりに葉っぱが無残にも散らばり、乾いていました。。。ロケットも襲撃された模様。ロケットは種からだし、まだたくさんあるけど、白菜は苗を買ってきてだからちょっと悔しい。また植えようかとも思うけど、襲撃されるの悔しいし。。。

犯人は。。。その辺をぴょんぴょん飛び回ってた黒い大きなやつ。539_8

| | コメント (0)

とうとうこの日がやってきたエボニー

義理の両親、結局40時間かけて、無事家に着いたそう。今は、寂しさより達成感のほうが大きいらしい。私と相方は力抜けてしまってます。

061203_6そんなこんなしてられず、今日はエボニーの避妊手術。ブリーダーさんによると、この犬種は、初潮がちょっと遅めだから、避妊手術も他の犬種より遅いほうがいいとのことで、5月に入ってからの今日を予約していた。ごまのときも、手術当日は、家に戻ってもふらふらしていて、寝ているだけだから大丈夫だけど、問題は明日から、どうやって大人しくさせておくかってこと。

エボニー7ヶ月半だけど、子犬のときと変わらず。ただ大きくなっただけ。それにしても大きい。

ごまこは、エボニーがいないのはちょっと心配だけど、久々にあまあま独占できるから、ゆったりソファーで寝てます。

| | コメント (0)

ふとっちょごま&やせっぽちエボニー

ごまこついに19.5㌔と10㌔台まで減量成功。そして、エボニーは22㌔。とうとうエボニーがごまの体重を追い越した。体格は完全にエボニーが大きいけど、筋肉と脂肪では負け。

でも、エボニーの食欲も増え、ごはんもエボニーのほうがたくさん食べる。いや、ごまこは食べたいけど、食べられるけど、たくさん食べさせてもらえない。骨も小さいほうだしね。かわいそうなごまこ。

いつもエボニーが残したのを食べたくて、エボニーが食べるのをじーっとお座りして待っていて、エボニーが離れた隙にダッシュでエボニーの食べ残しを食べて怒られるゴマ。

その食べ物の恨みか、一人であまあまが独占できない恨みか、エボニーに教育的制裁をかなりひどく与えるごま。ちょっとでもエボニーが怒られると、飛んできて、ごまからも「がう~」と怒られるエボニー。ほんとはごまが小さいときに、同じことをしたのにね。

ごまは、「私は特別よ」と、犬立ち入り禁止区域も入ってくるし(ごま一人だった以前は、入れたからかな)、特に私には、「この人は私のもの」みたいに思っているよう。まあ、子犬の頃から、苦労をともにしたわけだしね。

でも、ちょっといらいら気味のごまこ。落ち着かないだろうな。エボニーは相変わらず臆病だし。279_5

| | コメント (0)

だって泳げないんだもん

07020701 うちのシュナ姉妹、ごまとエボニー、仲良しです。

エボニーの予防接種も終わり、最近はごまと一緒に海岸のお散歩。ボール投げとか、枝を海に投げて泳いで取ってくる遊びも始めた模様(なぜ、ボールを海に投げるのではなく枝なのか: 時々あまり深かったり、波が荒いと、ごまは自分で判断して取りに行かないことがあったり、投げた方角を見ていないので、どこにあるのかわからず、私たちが必死で指差しても取ってこない: 私が靴を脱いで海に入って取ってきたこともある。。。。)

でも、エボニーはまだ泳げません。ごまは相方が泳ぎを教えたそうですが(私がいないうちに)。ごまが枝を追って海に入っていくと、ごまお姉ちゃんの後を追ってエボニーも海へ。でも後ろから波が来ると怖くて、ごまの背中に乗ろうとするそうで。。。   

| | コメント (0)

ごまこのとまどい

0612216_1 じぇびばばの出現にようやくなれた頃に、またしても新参者の出現。ごまこにとって今年の後半は試練の連続でした。

1日目は無視、2日目は威嚇、3日目から遊び始めて、今では結構遊んでます。とはいえ、ごまこにとっては、やっぱり気に食わないことも多い。かごにいっぱいの大切なおもちゃ(もうほとんど遊ばないものが多いけど)をエボニーに取られ、それが悔しい。エボニーが遊んでいる横でジーっと見ていて、エボニーが話した隙に横取りして、しばらく遊ぶ。

でもね、ごまこ。エボニーはごまこのために家族の仲間入りしたんだよ。海辺の散歩でも、よその犬と遊びたくても、遊べないし、一人でお留守番も面白くないし、だからごまこの遊び相手、お留守番仲間、話し相手に選んだんだから、仲良くしようね。

| | コメント (0)