ブログを続ける意味

ほんっとにっ久々。忙しいのかといえば、ただいま休業中。

Carpel Tunnelの手術を7月10日にして、来週月曜に執刀医の再診、そこで仕事に戻るかどうか、運命の分かれ目。先週の月曜に作業療法士に会ったときは、できればあと2週間、クリニックには戻らないほうがといわれ、でも、日常生活に戻るのは問題ないといわれ、ってことは、ディスクワークはできるってこと。。。。やっぱり火曜日から復帰かな。。。

この1ヶ月、ほんとにのびのびとさせていただきました。傷が治ってからは、毎日プールで1キロ泳ぐことだけ。あとは、できなかった、コンピューターの作業とか、税金申請とか、書類のファイルとか、棚の片付けとか、たまったDVDを見たり、それなのに、あぁそれなのに、今までブログの更新なし。でも、他のかたがたのすばらしいブログは毎日読んでたけど。私のこのブログを読む人はいないだろうし、自分の記録を、ネット上でする意味があるのか、問題です。

とはいえ、Carpel Tunnelで悩んでいる方がいらしたら、アドバイスは差し上げることができます。

日本から届いたたい焼き、ワッフル器も楽しんで使っているし、冷凍庫にたい焼きの常備があるというのは、心強い。これでがんばって毎日働けます。やっぱり、仕事に戻るのかなぁ。。。

|

紅白を見ながら

かなりご無沙汰してます。

今年は、クリスマスカードもきちんとできず、クリスマス休暇にクリスマスのメッセージをメールでお送りし、メールのない方には、実は、紅白を見ながらカードを書いていました。なんてひどい。。。

いろんなことのあった誰にとっても忘れられない2011年でしたが、年末になっても、事件の立て続けの2011年でした。

でも、こうして紅白を見ていると、自分は日本人だな、とつくづく感じます。相方も娘も興味を示さず、もう寝るよとまで言われてます。娘は、さっきから横で早く寝ようと催促。紅白みたいのに。

紅白は、日本にいた時は、見てませんでしたが、海外にいると懐かしいです。やっぱり日本の年の暮れは紅白ですよね。

皆様よいお年を

|

サイクロン・ヤシ

かなりご無沙汰していました。いやご無沙汰の域を軽く超えてます。でも生きてます。 Back_02r Front_02r Palm_tree_02r Road_to_workplace_hehhehhe Yasi_satelite_image_02feb2011

サイクロン・ヤシで、もうだめかと思ったけど、我が家も、車も大丈夫。庭の木と、日よけとフェンスが被害を受けました。この家の屋根が無事だったのは、奇跡ともいえます。

とにかくこのサイクロン、其の大きさ。そして過去最大といわれるカテゴリー5という威力。時計回りなので、目の南側に大きな被害ということで、雨より風の被害で。たくさんの大木が倒れました。ピサの斜塔のように斜めになっていたヤシの木は倒れるだろうとは思っていましたが、かなり大きな根の張った木が倒れていたのは、風の力の恐ろしさを現していると思います。

それと停電。いままで3日半の停電は経験したことがなかったので、ストレスでしたが、大きな問題もなく、電気が戻ったらすぐに通常の生活に戻れたのは、本当に感謝。

まだまだ裏庭はすごい状態。今日は裏の家が一日中チェーンソーで木を切っているようでめちゃくちゃうるさいけど。。。

ともかく生きてます。

|

8年前の昨日、30年前の昨日

あっという間に4月。これからの数ヶ月はホントに過ぎるのが早いです。この週末はイースター、ちょっとあくと、アンザックデー、そして、女王誕生日、で、ショーデーと毎月、祭日があるし、気候も落ち着いてきて、一番過ごしやすい季節、体を休めるのに(って、ばばくさい)。

実は、4月1日は、我が家にとって大きな記念日。私は8年前の昨日、オーストラリアに到着。相方は30年前の昨日、祖国を飛び出した(その時は、祖国に戻ることはない、日本に行き、留学期間が終わったら、オーストラリアに移民すべく決意して、両親と涙の別れをしたらしい)。そんな人生の岐路でした。そんな日があったからこそ、二人ともオーストラリアにたどり着き、今の我が家があると思うと、感慨深い。。。

ってことで、最初は最近できた日本食レストランに行こうと言ってたが、最近そのレストランのおかげで、地元の魚屋さんの品揃えが充実したので、おうちで手巻き寿司の予定だったものの、相方が夕方魚屋さんに行くと、イースターのためのお魚を手に入れる人で、店内に入れない人もいたらしい。最後尾に聞くと、20分待っているらしい。てなことで、相方怖気づいて、別のうちが以前行っていた魚屋さんへ。そこでも4人待っていたらしいが、でも、お刺身にできるのはサーモンだけしかなかったらしく、それを買って、マッドクラブと、ガーリックプローンを買って、予定変更の祝い膳。

|

またしてもプールが

3月竣工めざして、新しいおうちの計画、着々と進んでいるようです(人事です、だって、私はあんまりはっきりしたイメージがないので、相方がいっしょうけんめい、デザインとにらめっこ、彼の夢のお家だし)。先週と先々週はプールを作ってくれる人に会って、彼の家におじゃまして、おうちのプールを見せてもらって、そしてコントラクトにサインするところです。
家を始める前にプールのための重機を入れて、穴を掘ったりしなきゃいけないようなので、家よりプールが先。
肝心の家も、最終デザインが出来上がったはずなのに、ちょっと修正。でも、この調子では、計画より少し遅れ気味の3月末には竣工できるかも(らしい)。

またしても先週は雨が続き、家の下にはプールができた。蚊が発生するのは嫌なので、相方が市役所から、薬を買ってきて、撒くものの、継続的に壁から染み出てくる水と、ポンプでのくみ出し。意味が無いのでは???

週末にはお隣さんがまた芝刈りをしてくれて、これでちょっとすっきり。それにしても今のパターン、夜中にたくさん雨が降って、昼間はカンカン照り、つまり、「草よ、伸びろ」状態。

cica-micaはダンス好きなので、1月末から始まるダンススクールに登録して、その数日前には、ピンクのダンスシューズと、ピンクのレオタードを買って、喜んでその場でタグを切ってもらい、家に着たまま、履いたまま戻って、その後もスクールの始まる日までダンスシューズを家で、毎日履いていました。。。ところが、ダンススクール1日目、始まってものの2分もたたないうちに、cica-micaの泣き声が、待合室で待っている相方に届き、仕方なく、相方、ダンスホールまで行き、cica-micaの手をつなぎながらクラスの見学。翌週は、「行きたくないもん」の一言で、お休み、翌々週も「やだもん」で、お休み、昨日はもう行く気もないのか、親子揃って寝坊。それ以来ダンスシューズも履かないしね。

泳ぎは、水着を一緒に買って以来、好きらしく、先週は、雨にも負けず、夕食後に近くのプールまで泳ぎに行ってました。相方は、「寒いよ。。」と助けを求めるけど「ママ、できないもん、パパと行くもん」と娘に言われちゃ、しょうがないよね。

てなわけで、一応前に進んでいる一家です。

|

クリスマスもなんとか終わり。。。

クリスマスもなんとか終わりました。cica-micaの「サンタさんはどこ?」攻撃も無事にかわし。隣のプレゼントを開ける歓声で朝7時に起こされ、、、前夜時間切れで準備してなかったから、テーブルの上の30センチのクリスマスツリーの横に、いろいろとプレゼントに見えるものを積んでおきました(相方が買って置いた、あとで読もうとしている本とか、開けたウイスキーの瓶とか、頂き物のリボンの付いているワインとか。

cica-micaそれを見つけて、「うわー、サンタさんママ買ってきたの?」、私「サンタさんが来たんだよ」「サンタさん、ママ?」

でもようやくサンタさんと信じたようで、昨日の山の中にあった本を、「これはサンタさんがもってきたから、明日読もうね」と。

昨日仕事帰りに、おそるおそる一番好いているであろうスーパーに買出しに行って、ハムとか買ってきたけど、やっぱりクリスマスディナーには程遠い、いつものお昼を食べて、無事にクリスマス終了。

最近私が車を停めている上の木にふくろうがいつもやってきてたんだけど(多いときは5羽も)、電力会社が木を切ってから、来なくなってしまって残念。

091227owl02r  091227owl03r_2

|

まだ師走じゃないのに。。。

まだ師走にもなっていないのに、さらにあわただしい日々を送っております。

実は、来週からプライベートの仕事を始めようかと思っているのでありまする。知り合いのGPがメディカルセンターを始めるので、そこのチームとして働かないかとのオファー。

ちょうど今のポジションがいろいろな転換期にあるので、真剣に考えて、結局承諾。来週から少しずつ始めようかと思ってます。

どんなにがんばっても、そのメディカルセンターでサブコントラクターとして働く限り、今のポジションで得られる収入からかけ離れた収入は保障されず、それなら公務員である仕事を離れる必要がなんて考えるけど、cica-micaがピアノを習い始め、再来年からは学校が始まり、そして私自身来年からフルタイムに戻らなくてはならない(プレッシャーで、もどらなくてはいけないわけじゃないけど)。そうなると、例えば子供の学校への送り迎え、そしてこれからピアノだけじゃなくいろいろな習い事が始まるとなると、やっぱりフルタイムの公務員は難しいかなと。

これが看護師みたいに数が多ければ、皆0.8とか0.6とか、勤務時間を減らして、他の人がカバーすることは問題ないんだけど、ポダイアトリストはポジション数が少ない上に、カバーする人がいない(例えば今私が0.8でも、残りの0.2をする人がいない)ので、フルタイムにならなければならない。。。

それなら、来年フルタイムに戻っても、9days fortnight(毎日30分余分に働いて2週間に1日休む、つまり2週間のうち9日勤務)で働いて、その休みの日にプライベートの仕事を始めて、軌道に乗ったら、今の公務員の仕事を辞めて、自分の働きたい時間に働く、そんなことを考えてます。

そのために、オーダーしたり、メディケアの申請書類を揃えたり、いろいろ調べたり。

cica-micaが3歳になったばかりなのにと思うけど。。。おとといUKでの大学の同級生で香港で働いていたポダイアトリストの友達とスカイプして、彼女の様子(確か1年ぐらい前に彼女もパブリックを辞めて、今はマカオでプライベートを始めた)を聞いたら、彼女は、今の私の考えはFamilyを一番に考えているって指摘されました。

確かに、もうキャリアとかより、贅沢じゃなくても、そこそこの収入があって(たまに日本に帰れる余裕があって)、ストレスがなくて、そして家族とできるだけ一緒にいられる、cica-micaにも犬にも迷惑をかけず(忙しくて、疲れちゃって、お散歩に行けないなんてことがあにように)、残りのポダイアトリスト人生を送るには、どの道がいいのかなんて。。。

人生、何が正しいのかなんて、結局誰も分からないんだろうし、「正しい」選択なんて一つじゃないし。。。

とりあえずやってみようかと。

そんなわけでさらに家の中はしっちゃかめっちゃか。。。

| | コメント (0)

どうやって時間を作り出すのか。。。

オーストラリアに来る前は、のんびりした生活を想像して来たのに、今やいつも「いそがしい」「時間がない」の日々。

それでも通勤が12キロの運転で、そんなに混んでないから、子供をチャイルドケアに落として、職場まで30分。日本では、長距離の通勤をしてたから夢のような話。でも、他の町に住む友人は、子供を落として、コーヒーを買って、職場まで15分だとか。そんなわけで、彼女は2週間のうち9日働く勤務をしてる。うらやましい。。。。

私のフルタイムに戻る期限は来年早々。今の状態ではどうなるやら。

土日は、相方がcica-micaを午前中2~3時間連れ出してくれて、その間に掃除したり、インターネットしたり、そして水曜日は、cica-micaはチャイルドケアーで、私は仕事に行かず家に。それでも時間が足りない。家の中ごちゃごちゃ。掃除も床だけとりあえず掃除。いろんなところに物が積み上げてあり。。。

と言うのも、来週からまた義父がやってきて、5週間の滞在。その間、シドニーから親戚がやってきたり、一応嫁としては頑張らなければならない状況。

どうしよう。。。

cica-micaは最近ますます生意気。no, I don't know, I don't like it....そんな言葉ばかりかえってくる。

ごまこは関節炎で足が痛いのか、もう若くないのか。。

えぼは相変わらず、のほほんとしているけど、臆病。最近は破壊しないと思ってたら、ひそかに相方のシートベルトを噛み砕いている様子。

|

はや緊張始まる

1週間後に、日本に里帰り。今回も歯医者の予約のためといいつつ、cica-micaを祖父母に会わせたり、日本語教育にもということで。とはいえ、先週から4日勤務のパートタイムに戻ったので、仕事もあと4日ですべて片付けられるのか不安だし、今回はカンタスが運行をやめて、ジェットスターに移管したので、初めてのジェットスター体験。知り合いが土曜日のカンタス便に乗るつもりだったのが、国内線が遅れて、土曜便に乗れず、日曜に振り替えてもらったものの、結局日曜便は欠航、そして月曜便に乗ろうと空港に行ったものの、団体客から乗せてしまい、個人客があふれて、しかたなく臨時便が出て、月曜の深夜に日本到着。結局土曜の夜に自宅に帰るはずが、火曜の朝になってしまったという悲劇を聞いた。

15kgのcica-mica(抱っこ星人)と、ジェットスターのサービスを頼んでいないので食事も飲み物も全て持ち込み、さらに機内でのエンターテイメント用にポータブルDVD、絵本などなどを持ち込み、私はとても不安です。おまけに、カンタスのときは、国内線チェックイン時に、機内預け荷物は通しでチェックインできたのが、場合によってはケアンズで一度ピックアップして国際線チェックインを再度せねばならぬという可能性も持ち上がり、ただでさえ、ぎりぎりの乗り換え、、、、そんなことを考えていると夜も眠れずです。

実家滞在中も、私が24時間体制の面倒を見なければで(相方は仕事なのでお留守番)それも怖い。9月に里帰りしたときは、両腕がそのあと2ヶ月近く痛かった。

今回はどうなるでしょう。。。。

おまけに、大雨で(やっと止まり、蒸し暑さが戻って着ましたが)、家中かびだらけ、地下倉庫まだ浸水、湿度のせいか、ビデオ壊れ(250ドル修理)、カメラ壊れ、とちょっと悪いこと続きの我が家。

でも、日本に帰れるのだからよしとしよう。うん。

| | コメント (1)

あっという間に2度目の母の日

あっという間に2度目の母の日です。去年はCica-micaはChild Careに行く前だったけど、今年はしっかり母の日のカードを持ち帰ってくれました。紙に足跡を取って、そこにメッセージが印刷されたものをパウチしたものだけど、でも、でも、足跡がCica-micaのものではないのだ!Podiatristの母としては、娘の足は気になるので常に観察しているので、足跡を見た途端、これは娘のものではないと直感。そして足を合わせると案の定違う。

Cica-micaが10日ほど前予防注射をして、遅くChild Careに行った日に、ちょうどみんなの足型を取っていたのでそれからこんなに変わっているはずはない。

相方曰く、きれいに取れた足型があったから、コピーして皆に使いまわしているんだとか、それでも、こんなのをもらったら、我が子の足型だと喜ぶのが親である。かなりむっとしました。

我が家は、義母のお葬式が今週、それで少し落ち着くでしょう。義父も、9月に5週間遊びに来てくれる予定で、それで少しでも寂しさと悲しみを紛らわせることが出来たらと。

相方は、オーケストラのリハーサルが始まり、あわただしい毎日。私は、締め切りが重なっていた仕事をいくつか終え、また次の締め切りに向けて始動。最近、戦略会議に参加するようになり、ちょっと緊張。だって、話している内容が、まるっきりアサイメントで使うような言葉で、日常会話じゃないんだもん。皆ダイレクターレベルの人々の中、出来る限り目立たないように座ってます。でも、月曜はプラザホテルで丸一日会議。どう~しよ~。貝になるしかないよな、やっぱり。

Cica-Micaは、もはや赤ちゃんではないよう。「がっこ(抱っこ)」とせがんだり、「ばいばい」のあとに投げキッスして、さようならとお辞儀する姿は、わが娘ながらかわいい。相方は抱っこをせがまれると、腰や膝の痛いのをもおして抱っこしてます。おしゃまになってきて、バックを見つけると、腕にかけて、意気揚々と「ばいばい」と歩き出し、私の靴を見つけると(これはビルケンシュトックだから、おしゃれじゃないけど)足を入れて、歩こうとしたり。嫌なものは嫌々と断固として首を振るけど、うれしかったり、希望がかなうとちゃんとうなずくし。 成長してます。08050516

| | コメント (0)