« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

Y世代なのか、、、

あっという間に8月。いや~、毎月同じコメント。

実は、半年前に働き始めた同僚が、とんでもないヤツで、そのおかげで私、かなりマイナスの影響を受けまくっております。まず、そやつがどんどんクリニックの時間を減らしていくので(で、インターネットしたり、遅く来たり早く帰っちゃったり)、ので私に緊急の患者さんが回ってきてしまい、今実質80パーセントクリニック状態(本来は50パーセント)。おまけに悩んで眠れず。。。いや、私ってナイーブだったのねと驚いている次第。

上司には彼女が働き始める前から、モンクを言っているものの、取り合ってもらえず、でも最近私が証拠を提示して、慌ててこんどはそやつは自分の身が危ない(だって私の意見を無視して、手遅れになったから、そいつのマネージメント能力が疑われる)ので、保身に走る上司。

試用期間があと1週間。どこまで私ができるか。でも相手はかなり手ごわいといわれた。場合によると法的手段さえとりえる人間だと。

その上司も最初はY世代だから、僕たちとは違うのひとことだったけど、そんなに甘いものではない。確かに、自分はすごい、何でもできる。そんな自信を持っている人です。でもね、クリニシャンとして、自信を持ちすぎるのはとても危険だと、老婆心ながら言いたいのを抑えてます。そして一方、私も彼女のようだったら、10年たった今、どんなになってただろうと考えてしまう。

これから組織の中で働く以上、程度は違ってもこんな問題はおき続けると思うと、悩みますね。。。。世の中の私と同じ世代の皆様も、同じ悩みを抱えているのでしょうか。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »