« Palm Islandへ初上陸 | トップページ | Wigglesがやってくる »

あいつのせいで。。。。

先週、はじめての患者さんからこんな言葉がでた。

「2005年に血の水ぶくれができたから、ポダイアトリストに行って、その彼女がメスでそれを開けた結果、六週間後にその親指を切断したんだ。だからそれきりポダイアトリストには行ってない。」

こんな話時々あります。うちの職場でも私が産休中におこなった陥入爪の手術後、化膿して、結果指を切断、そして数ヵ月後に膝下切断で、クレームが発生しこともあります。

医療従事者として、ある程度のリスクを背負って治療している以上、こういったケースは起こりえる。ただ、医療従事者として残念なのは、これらの人々が、問題がおきたときにすぐにその当事者に戻らず、他に行き、きちんとした手当てを受けず、結果、手遅れで、最悪の事態を招くことが残念でならない。そして、医療従事者として、その結果を知らされず、影で後ろ指差されるのは、本当に残念なことです。

このケースの場合、当事者は私の元同僚。そしてこの患者さんがこの治療を受けた際に間違いなく私はここで働いていたから、もしかして、私がこの患者さんを診ていたかもしれなくて、そして、私が彼に「あいつのせいで」と一生思われていた本人だったかもしれない。

結局、話し合い、説明して、彼は納得して、私の治療(今回も同じ血の水ぶくれ)を受け、明日、再診の予約をした。

私たちにできることは、精一杯自分が今できる最善の治療を最善の方法でする。それでもいろいろな悪条件が重なり、こんな結果が起こりえる。

私はポダイアトリストとして働くことが好きだし、自分の職業を誇りに思っているし、後悔してないけど、時々こんなことがあると、ちょっと後ろを振り向きたくなる。。。。そして下を見つめてしまいます。

でも、患者さんは来るし(ずーっと毎日オーバーブッキングだし)、ほとんどの患者さんは感謝してくれるし(万人を幸せにすることは不可能です)、がんばるしかないよね。

|

« Palm Islandへ初上陸 | トップページ | Wigglesがやってくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Palm Islandへ初上陸 | トップページ | Wigglesがやってくる »