« あっという間に・・・ | トップページ | 毎日うなってます »

7年目突入

無事に2週間の里帰りをしてきたと思ったら、相方が交代で緊急里帰り。義母の具合が悪く、急に取った飛行機にもかかわらず、私たちが戻ってから数時間後の飛行機だったので、落ち着いて話もできたし、彼の乗り継ぎも(片道4便)比較的都合よく、片道2日かけて4日滞在の里帰り。そんなわけでまた私が3人の娘(人間1人+犬共2匹)の世話をすることに。でも今回は1週間なので、犬共にご理解いただく予定です。

海外に住むということは、外国人であるという違和感もあるけど、何より大事な人々の最期に会えない可能性ということが一番辛いことです。そんな話を幼稚園の先生と話したところ、彼女もお父さんの危篤の際にあわてて帰国しようとしたけど、とれずに、やっと帰国できたときには亡くなってしまったと。いつもお母さんと別れるときは「これが最後かも」と思いながら別れるとか。

そんな海外生活も7年目に突入。イギリス時代の3年を含めると。。。。

オーストラリアに戻って、昨日から出勤。朝車を運転していて、「あ~、戻ってきたんだな」とか、職場でもたまったメールを片付けていて、「ここが自分の居場所だな」とか、お皿を洗ってて「ここはやっぱり私の家だな」とか、両親には申し訳ないけど、ここに根を下ろし、着実に根をはっているよう。もちろん2週間の里帰りは、子供がべったりだったから、何もできず、本屋でさえ行くことができず。子供が寝ている間に、ロケフリのセットアップ、探し物と荷造り、そして半日だけ両親に子守をしてもらい日本の美容院へ(やっぱり日本の美容師さんはすごい!)。Cica-micaは、家にも両親にも犬にもすぐになれたんだけど、それでも私がトイレに行くと追いかけてくるほどの後追い。やっぱりちょっと不安だったのでしょう。

心配していた往復の飛行機も、Cica-micaは、比較的良い子で(でもしばらくは乗りたくない。1年半ぐらい後ならいいかな。。。)、とりあえず私の親孝行の目的を達し、私はロケフリをセットアップし、探し物を見つけ、日本に置いて来たパンのレシピブックや道具を郵送し、和菓子を持ち帰り(無事検疫突破)、桜も見て、良い里帰りでした。08031620

場所見知りをするからしばらくはおとなしいと見込んでいたものの、空港についたとたん大はしゃぎで歩き回るcica-mica。飛行機の中でも、皆に「バイバイ」と手を振ったり、後ろの座席の人に愛嬌を振りまいたり。相変わらず、初対面の人には、ちょとはにかむけど、以前よりずっと社交的になってきた。社交性のない両親としては、願ったりなんだけど。。。

|

« あっという間に・・・ | トップページ | 毎日うなってます »

コメント

私のブログにコメントいただきありがとうございます^^
そっか、歩けるようになっても、ワンコが2匹の散歩は大変そうですね。
でも、ワンコなしの生活はもう、考えられないし。
そういえば、私、普段はシャワーのみなんですけど、
お風呂って・・・海外生活だと、どのようにされているんですか?
今日で生後98日で、いいかげんベビーバスではごっつんごっつんなんです。

投稿: hiro235 | 2008年4月 3日 (木) 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あっという間に・・・ | トップページ | 毎日うなってます »