« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

デイビット

日曜に相方のメールに知らない女性から「デイビットのことで電話が欲しい」とのメールがあった。相方は、悪い予感を持ちながら電話。そして「Oh my.........I need digest this news......」と言っていて電話を切った。

予想どうり。デイビットが亡くなったと。

デイビットは、いつも海岸で会うイギリス系の男性。シドニーに住んでいた彼は、退職後、車で北にむかってやってきて、ここが気に入って、相棒のジャーマンシェパードのジンジャーを呼び寄せて、住み着いた。海岸で会うと挨拶を交わしているうちに、彼が犬の訓練をしていることがわかった。エボニーが我が家にやって来たときに、訓練をお願いし、何度か自宅まで来てくれて訓練してくれた。それから相方と、時々本やDVDの貸し借りをしていた。たまにしばらく海岸で見かけないと、メールを送ったりもした。

2週間前の日曜にDVDを返しに来てくれて、手を振って別れたのに。

突然。。。。

ジンジャーは、知り合いが引き取ったとのこと。10歳のジンジャーも、突然のデイビットとの別れを理解しているのか、それともデイビットの帰りをじっと待っているのか。

ジンジャーと暮らして、時々学生などに部屋を貸していたらしいが、どんな状態でなくなったのだろう。だんだん年老いてきたジンジャーを見て、「ジンジャーが亡くなったら、デイビットは立ち直れるだろうか」なんて、相方と話したこともあったのに。

初めて私の名前を教えた次にあったとき、向こうから苦しそうな顔をしてやってきて、相方にそっと私の名前を聞き返した。なので覚えやすいように、英語の単語で似た音を組み合わせて教えた。

次にあったとき。。。

「hello, I SAW YOU!」

思わず、噴出した私たちに、間違いを気づいたのか

「Oh, YOU SAW ME?」

その後、何度か続いて、ようやく名前を覚えてくれて。。。

デイビットにお別れが言えなかった。「see you at the beach」が最後の言葉。そのほうが、犬と海岸の散歩を楽しむ仲間としてのお別れの言葉にふさわしいのかもね。

会ったことのないデイビットのご家族の悲しみよりも、ジンジャーの心が心配。。。

| | コメント (0)

I want to see you.....

今日はcica-micaフリーデー。おでかけの用事がないときは、相方が私の車(ベビーシート付き)で、仕事の途中で送り迎えをしてくれるので、私が相方のお犬様仕様(すでに助手席のシートベルトはエボニーに食べられてしまった)の車で、夕方に犬の散歩。今日はこれから日本人のお友達の家にDVDを見に行くので、送り迎え担当日です。

最近、数人の患者さんに、いろいろ診療のオプションを話すと「I want to see you...」と小さな声で言われることが何度かあり、ちょっと赤面。別に口説きモンクじゃないけどさ。。。やっぱりプラクティショナー冥利に尽きます。プライベートからパブリックに移って、一番よかったことは、自分が出来ることを、治療費を気にせず出来ること。プライベートにいたときは、頻繁に診たくても、治療費を考えると躊躇してしまうこと。パブリックに移って、それでもパブリックのいろいろなサービスがあって、便利なほうを薦めたとき、この言葉を言われて、うれしかったです。

あとはcharcotの患者さん、年内には潰瘍は完治しないだろうと思ってたら、昨日のHigh Risk Foot Clinicで、完治発見(total contact castを1週間に一度外すので、1週間に1度のチャンス)。うれしそうな顔を見ると、ほんとにうれしかった。1ヶ月前にvascular registrar にorthopodに骨をけずってもらうべきと言われ、涙を浮かべていた。毎週手鏡で潰瘍を見せると、真剣に見入っていて、私がドレッシングを外すとき、メスで治療しているときの表情をじっと見ていて、少しでも私が心配そうな顔をすると、聞いてきた。

いや~、この仕事やっててよかった。

| | コメント (0)

楽しみにしてたのに~

昨日は、地元の専門学校に日本から板前さんが2人やってきて、技術指導をするついでに、そこのレストランで会席弁当がいただけるということで、仕事を抜け出して、相方と行って来た。前日の夜は、会席(45ドル)で、そちらのほうが魅力的だったけど、相方がオーケストラの会合があったのと、cica-micaがいるので無理。昨日の昼間なら二人とも都合がいい上,cica-micaはチャイルドケアー、そんなわけで、わざわざクリニックの患者さんを午前中に動かしてもらい、時間を作った。

35ドルの会席弁当。楽しみにしてたのに、中身は「日本から冷凍して持ってきて、そのまま解凍したんじゃないか」のようなもの。ご飯は冷たい、揚げ物はさめてぱさぱさ、お刺身はべチャべチャ、焼き物もさめてぱさぱさ、酢の物は魚が大きすぎて骨が硬い、とさんざん。隣の席の女性に、「魚は、こんなに硬くしっかり焼くものなの?」と聞かれてしまった。

父の故郷の海のものには自信のあるところからの板前さん。こんなものを出して35ドルも取るとは、本人ご存知であろうか。日本だったらコンビニのお弁当のほうがまだましのような気がする。

板前さんもかわいそうだし、5~6人以外は全ていわゆる日本人じゃなく、もしかして、これが彼らにとって最初で最後の日本料理で、これが日本料理と思われるのも悔しい。

相方は、冷酒が出て結構おいしかったから、それで元が取れたというけど、私は飲めないし、悔し~い。。。

| | コメント (0)

My brain says "YES", but my hip says "NO"

今日はメルボルンカップ。猫も杓子も浮き足立つカップ。私もクリニックがキャンセル(だって、一人しか予約はいってなかったし、その人は私じゃなくてもいいし。。。いつも出られないチームミーティングに出るチャンスだし。。。)。

そんなわけで、いつもの仕事場に残り、1時ごろから、スクリーンのある会議室でおしゃべるしつつスクリーンを見つめる。いや~、騎手の人たち皆やせてる~、あ、女の子二人なんて、くだらないことをいいつつ。

私はホワイトチョコにピスタチオを散らしたデザート持参。そのうち、一人の人がチップスをBBQチキンを買って入ってきた。皆チップスに群がる。やっぱりオージーチップスが主食なのか。で私の隣のバービー、座って取りに行かないから、「チップス食べないの?」と聞くと、「my brain says "YES", but my hip says "NO"」だって。思わず噴出してしまいました。でもそのあと、彼女はち~さく切ったチョコレートケーキ食べてたけど。。。

メルボルンカップの今年の優勝の騎手はとっても若いおにいちゃん。ゴール直後のインタビューは"勝ったと言うより、メルボルンカップを走った”みたいなコメントで、初々しいなと。これで大金を手にして、彼の人生が狂わないといいけど。

| | コメント (0)

朝型?

Cica-Mica、最近夕食が終わると、すでに眠いモードで、寝かしつけるとすぐにぐっすり。で、今朝は4時起き。昨日は5時、その前は5時半、その前はしばらく6時おきが続いていた。週末も早起きは変わらず。どちらかというと夜型の私たちにとって、この朝型ベビーはつらいです。。。1stbirthday07

| | コメント (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »