« 菜園荒らし | トップページ | 久々の感動:Paul Potts »

いつか来る日

John Groganの "Marley & Me"http://www.marleyandme.com/を読んだ。

涙もろい私は、予想通り大泣き。夜中にひとりでなきながら読み終えた。

犬を飼う以上、いつかは「その日」が来る。実家で小さいころからいつも犬を飼っていたので、すでに何回も経験している。家族の犬でなく、初めての自分の犬のその日が来たときは、つらかった。チャコの場合、15歳で、目が見えなくて、ちょっとぼけてて、徘徊してて、最後は見ていて辛かった。だから「その日」が来たとき、ちょっとほっとしたことも事実だ。でも、そのほっとしたことに、とても後悔した。そんな気持ちがあったから、その日が来ちゃったのかと。

そして、日本のWald。一度は黄疸がでて、お医者にも最期だといわれたけど、持ち直して、今は元気なWald。その代わり毎日2回のインシュリン注射と、厳しい食事制限。それでも元気なWald。今は日本の両親においてきてしまい、私のことなど忘れてしまったかと思うけど、時々、私の寝室で寝ているらしい。Waldのその日が来るとき、私は声をかけて、頭をなでて、背中をさすってあげることができるのだろうか。

そしてごまこ。ごまこの「その日」を想像しただけで、涙が出て来る。

エボニー。いまだに家を破壊し続けている大きすぎる奴。相方は、大きな犬が欲しくて、相方のために、そしてごまこのために、Cica-Micaが生まれるというのに、無謀にも飼う事を決めた。相方は「いつか、この犬を飼ってよかったと思える日がくるのかな」とつぶやく。でも、やっぱりそんなエボニーも家族の一員。「その日」が来るのが怖い。

Cica-Micaは、これからいつか、ごまこ、エボニーのその日を迎える。そこから大事なことを学んで欲しい。それでも、もう犬は飼いたくないと思わないで欲しい。その日を乗り越えて、また新しい関係を築いて欲しい。そうすれば、私たちのその日を迎えても生きていけるだろう。

|

« 菜園荒らし | トップページ | 久々の感動:Paul Potts »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜園荒らし | トップページ | 久々の感動:Paul Potts »