« やっぱりね | トップページ | 一挙手一投足 »

あちらでも

364 これ、名前を見ればなんだか一目瞭然。義両親がはるばる持ってきたもの。いやーこんなものも、ヨーロッパの片隅にあるのね。

肩こりは日本人だけだって、聞いたけど、温泉のある国だからかしら。

日本にいたときからマッサージ命の私。こちらでは、強いマッサージをしてくれる人を渡り歩き、とうとうマッサージ機を購入(バレンタインの相方からのプレゼントだけど)。シップ、磁器治療とか、つぼ押しとか、肩こり関連には、詳しい私。仕事をしているときは、やっぱり同じ姿勢を続けると、てきめんに悪化。仕事をしていない今は、子育てで悪化。なぜかカーパルトンネルシンドローム(日本語名わかりません。。。)も悪化。これで仕事に戻ったらどうなるのかしら。

|

« やっぱりね | トップページ | 一挙手一投足 »

コメント

こんにちは! 私のブログを覗いていただいてありがとうございます!
ところでPodiatristというのは 足のお医者さん、という訳でいいのでしょうか? 実は以前住んでいたアパートの近くにPodiatristの看板のかかったとても素敵な一軒家がありました。
それで印象深く残っているんです。
何年か後には、Podiatristのお仕事をオーストラリアでされる予定ですか?
私はいつになったらナースになれるやら・・・。私も修士を目指していますが まずはナースにならないとどうにもなりません。
お互い、子育て、そして絶え間ない勉強、頑張りましょうね!!(自分に言い聞かせている?) そして是非リンクさせてください。

投稿: CRNA | 2007年4月17日 (火) 04:12

CRNAさん、こんにちは。
そうです、足の治療をしてます。
イギリスで少し仕事して、日本に戻って仕事して、オーストラリアでも4年半してたんですよ。産休に入って半年、今は腕も鈍ってきていると思います。今はいつから仕事に戻るかが悩み。思いっきり2年間の育休を楽しむか、2年後の保育園に預けるときの子供の悲しみを考えて、1歳頃から、保育園に預け、そして私も徐々に仕事を始めるか。
オーストラリアでも看護婦をなさっている日本人増えてきています。この町にも一人、日本で看護婦をなさっていた方がこちらでも働いています(助産婦さんなので、妊娠・出産時にはお世話になりました)。そして、こちらでENの資格を取って、今はRN目指して勉強再開している方。もう一人は日本で看護婦をなさっていて、こちらでの資格を取るべき、学校へ行っている方。30人そこそこしかいない町でも、こんなにたくさん。

勉強と家事・育児との両立は、本当にたいへんだと思います。ましてお子さんが小さいときはなおさら。あせらず、そして後悔しないよう、頑張ってください。

リンク、こちらこそよろしくお願いいたします。

投稿: Wald | 2007年4月17日 (火) 11:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱりね | トップページ | 一挙手一投足 »