« 親子揃ってズビズバー | トップページ | 髪の毛 »

26 ベビーボーナス

□■□                              □■□
■□■出たっきり邦人■北米・オセアニア編■07□01□30□499■□■
□■□                              □■□

        〓オーストラリア・北クィーンズランド発〓

              【トロピカルな毎日】

                 ..26..

ベビーボーナス

ごぶさたしておりました。出産・育児のため、2ヶ月ほどお休みをいただいて
おりましたが、無事出産し、育児に追われています。
おまけに12月中旬には、待ち望んでいた、2匹目の犬の到着。赤ちゃんと子犬の
世話と、忙しい日々を送っております。

新米ではありますが、母親の視点で、オーストラリアの生活をお届けいたします。

さて、オーストラリアでは子供を産んだ女性に「ベビーボーナス」を支給する
制度を導入後、出生率が他の先進諸国よりかなり上がったことが政府の統計
からわかりました。
昨年の政府機関であるセンターリンクの資料によると、2005-06年に
誕生した赤ちゃんは、前年より1万人以上も多かったとか。前年度は3000
豪ドル(約27万円)であった、出産給付金は2006年7月には4000豪
ドル(約36万円)に増額されました。人口統計学者によると、出産給付と
低金利、例失業率が重なり、ベビーブームをもたらしたようだと指摘しています。
昨年のオーストラリアの出生率は1.8で、2003年の1.72から上昇。
そして、高年齢の出産も増えているとか。

病院の産婦人科に勤める友人によると、すでに子供がいる女性が、さらに2人目、
3人目、4人目を産むケースが多いとか。

オーストラリアはこのベビーボーナスだけではなく、子供を育てる上で様々な
助成金が得られるので、子供が3~4人いたら、働かなくとも食べていけるとか。
逆に、認可保育園へ支払う金額が高いので、子供を預けて働くのは、かえって
経済的にたいへんだとも言われています。

私が妊娠して、最初に言われたのが、とりあえず何件でもいいから、保育園の
予約を片っ端から入れておいたほうがいいなんて。15ヶ月以上の子供を
預かってくれる保育園は比較的みつけやすいのですが、15ヶ月未満の子供を
預ける保育園を見つけるのは至難の業。

私は幸い、公務員で、規定で子供が2歳の誕生日になるまで育児休暇を取っても、
職場復帰が保障されているので、思い切って2歳の誕生日前後まで、働かないかも。。

さてさて、こんなわけで、今は主婦・子育てにど~っぷりつかっております。

Wald@北クィーンズランド
メール  :wald0306@hotmail.com

|

« 親子揃ってズビズバー | トップページ | 髪の毛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親子揃ってズビズバー | トップページ | 髪の毛 »