« 6週間検診 | トップページ | 誰も生まれながらには母でない »

小児科医でさえ

昨日はじぇびばばの6週間検診(豪では4週間でなく6週間目が退院後最初の検診)。小児科医は、相方のオーケストラ仲間のドナにお願いしている。

一通り診察のあと、授乳の話になって、彼女が「私も苦労したわ。育児書読んだってあてにならないし、いろいろな助産婦はみんな違うことを言うし」だって。ドナは少し前に男の子を出産。私と同じぐらいの年で産んで、同じようにインシュリンでコントロールの妊娠糖尿病であった。

専門家の小児科医でさえ、途方にくれることもある子育て。いやー人間の女性は生まれながらには「母」ではないのね。

ところで、ドナは、やっぱり母乳100%目指して、粉ミルクを減らしていくようにと。そして、また薬を服用(副作用で母乳がでやすくなる)。昨日から、じぇびばば泣き叫び続け。夜はトップアップをして、日中はできるだけトップアップせずとしているけど、今日は、朝9:00頃から寝ないで、泣いて、落ち着いて、母乳と、夕方になってようやく寝た。日中寝なかったから、今夜8:30だけど、まだ起きない。このしわ寄せが夜中にきて、おきっぱなしだったり泣き叫ばないと良いけど。。。

|

« 6週間検診 | トップページ | 誰も生まれながらには母でない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6週間検診 | トップページ | 誰も生まれながらには母でない »