« 増量中! | トップページ | 4週間前に。。。 »

オーストラリア流かはたまた日本流か

Photo_2オーストラリアの母子手帳。生まれたときに、病院で渡されます。日本の母子手帳と同じく、成長の記録、定期健診、予防接種などの記録が記入されます。なので、検診、予防接種などには持っていかなかくては。日本と違うのは、生まれてからってこと。そしてかなり大きいってこと(重いのだ)。

0610224

これはオーストラリアの布オムツ。60センチ四方のタオル地をこの場合三角に2つ折して(他にもおり方はあるらしい)、スナッピーと呼ばれる、足が3つついたひっかけるオムツ止めでとめてます。安全ピンを使って停めている人もいるとか。もちろん日本のようなオムツカバーもあるようですが。私は、これをみて即座に日本のオムツにしようと決意。こんな厚かったら、洗濯も大変だし、あつくてごわごわしていて(洗濯しているうちに、きっとざらざらしてきそう)ますますがに股になりそう。。。

ベビー服も、日本はあわせで、前で停めるようになっているけど、こちらのは首が据わらない新生児用のものでさえ、かぶりです。下着代わりに使うのは、シングレットと呼ばれるランニング。首が据わらない赤ちゃんにこれを着せようと思うと、首がグワングワン揺れて怖い。日本の短肌着は便利です。

国が違えば、子育ても違う。同じ赤ちゃんでも、2カ国(そこにうちは相方の国の常識も加わるので3カ国)の子育て情報が交わり、混乱しがち。

この子は、基本的にはオーストラリア人として育ち、ある段階で、重国籍が認められない国の国籍を断念することになるでしょう(日本はまだ重国籍を認めてないけど、相方の国は認めている。そしてEU加盟国なので、EUのパスポートも保持できる)。私たち夫婦は世の中の音お産・お母さんたちに比べると、高齢なので、この子がある年齢になったときには、もしかして私たちも生存せず、天涯孤独になってしまうかも。だからこそ、オーストラリアに限らず、縛られず、自分が住みたい国に住んで欲しい(私たち二人とも祖国を飛び出してますし)。

|

« 増量中! | トップページ | 4週間前に。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 増量中! | トップページ | 4週間前に。。。 »