« オーストラリア流かはたまた日本流か | トップページ | 親のありがたみ »

4週間前に。。。

4週間前の今日、じぇびばばが生まれたなんて、やっぱり皆が言うように子供の成長は早い、それとも、私がボーっとしていたのか、子育てで忙しかったのか。

4週間前の今日は、朝5時半ごろSBSの日本語ニュースを見ようとテレビをつけた頃に、看護婦さん登場。いろいろ指示を出され、続けざまにシャワー。そして6時半に友人の助産婦さんと相方到着。6:45頃、ベットごと手術室に移動。少しして相方も手術室の服に着替えて、ベットのそばへ。この頃は緊張しながらも、お互い写真を撮っていた。

7:00ごろ麻酔医のDr Boyne登場。そして、産科医のDr Pallisも登場。

そして、ひとり手術室へ。。。緊張は最高潮になり、麻酔の針を刺すころには大泣き状態。Dr Boyneのドイツなまりのおしゃべりな英語で立て続けに励まされ、頭はパニック状態。麻酔が効き、足ががくがく震え始め、手術台に移動、その頃相方登場。

そして。。。

手術中は、ほんとにお腹を切られてる感覚が無く、ただおへその下のあたりで、何かを引っ張られている感じ。その間も、私は泣きながら「じぇび、だいじょうぶかな」といい続け、Dr Boyneは、何かをしゃべり続け、困った相方はそれに対応し、私の涙を拭き。。。

7:35 じぇびばば誕生。Birth07

そのあと、じぇびばばは、別室でDr Donna Gandini (小児科医)の診察を受け、会い方もDonnaにくっついて出て行って、撮影。そして、じぇびばばはタオルに包まれご対面。

その後、じぇびはどこかへ運ばれ、相方は仕事へ行き、私は縫合され、回復室へ。そこでじぇびと再度対面し、最初の授乳。といっても出るはずも無く。。。体温と血圧を測ったりして、しばらくして、病室へ戻った。たぶん10:00頃の記憶。そして、一眠り。じぇび登場。お昼(といってもスープとジュースとゼリー)

0610173そして調度今頃、相方が午前中の講義を終え、病院に戻って来た。早速じぇびの写真を撮った。

日本の実家に電話して、報告。

そして相方がいったん家に戻って、ベットの上で動けない私は眠り続けました。

あれから4週間。毎日接しているから、成長しているのかはよくわからないけど、確実に前の日より力が強くなり、表情も出てきて、まつげも生えてきた(よかったね、じぇび)。髪の毛も伸びるし、爪は何度切ったことか。

こうやってこれからずーっと成長していくのね。

|

« オーストラリア流かはたまた日本流か | トップページ | 親のありがたみ »

コメント

こんにちは。
じぇびちゃん、もう4週間も経つんですね。第三者の私でも早いと思います。写真は生まれたばかりの写真ですか?生まれてすぐに目を開けるものなんですね。可愛い~。

私の方は完全につわりから開放されたようで、お腹もまだRock Melonサイズなのでシャキシャキ歩けるし、一番いい時なんでしょうね。

ところで、妊娠週数も折り返し地点に入ったのですが、すでに体重が5KG増。Waldさんの妊娠中5KG増でおさえたというのはやっぱりすごいです。確かに、羊水、子宮、胸などが大きくなる分体重も増えると聞いたことがありましたが、それにしても5KGも増えないですよねぇ。特に食欲が増えたという訳でもないんですけど、やっぱり運動不足が祟っているのかしら。。。

投稿: ゆんこ | 2006年11月15日 (水) 12:43

ゆんこさん、こんにちは。
順調で何よりです。
こちらで日本人の知り合いが、1月ごろの出産予定ですが、もう数ヶ月も絶対安静の生活。たいへんだろうな~と思います。

体重増加は、最初は胸焼け、それが収まってからは糖尿病のため、炭水化物を減らしたことが大きかったと思います。でも、そのぶん、いつも「お腹すいた」といっていました。食後5分ぐらいたって、もうお腹が空いていましたので、いつも食べ物のことを考え、食後2時間たたないと次の間食はできなかったので、時計とにらめっこでした。
体重増加は、お医者さまの考え方次第だと思います。あとはゆっこさんの体型も。
妊娠後期になってから運動を始めるのは大変なので、いまから続けられる簡単な運動があるといいですね。私は、1時間ぐらいの犬と海岸の散歩が運動でしたが、妊娠後期は、きつかったです。なれた散歩だったから続けられましたけど。

投稿: Wald | 2006年11月15日 (水) 16:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーストラリア流かはたまた日本流か | トップページ | 親のありがたみ »